クラミジア治療薬の抗生物質は処方箋で購入する

クラミジアという病気

クラミジアは性感染症、つまり性病です。粘膜から粘膜へと感染する病気で、原因となる細菌は男性や女性の性器を主な宿主とします。これはクラミジア・トラコマティスという細菌です。これは偏性脂肪内寄生体という細胞で、宿主細胞のなかだけで生存し、増殖する性質があります。キッチンなどにいる大腸菌はタオルやスポンジのなかでも生存できますが、クラミジア・トラコマティスは粘膜の細胞のなかに侵入しないと生きていけません。細菌ですので、増殖をうながすタンパク質などの栄養分の補給を断つことで死滅させることができます。

治療には抗生物質

クラミジアの細菌を死滅させるためには、栄養となる物質の供給を止めることが効果を発揮します。このような成分を持つ薬を抗生物質といいます。たとえばインフルエンザはウイルスが原因菌ですが、これも抗生物質を使って栄養分を断つことで克服し、症状は免疫機能の働きによって緩和されていきます。

細菌を死滅させるための抗生物質は、日本では市販薬になっていません。医師の処方箋なしでは販売してはならないことになっています。抗生物質は使い方を誤ると、治療できないどころか、症状を悪化させてしまいます。また、副作用も強く出るケースがあるので、必ず医師が診断のうえで処方箋を出して、それに従って薬局が販売しなければなりません。ドラッグストアで風邪の市販薬を買うように気軽に入手できません。

クラミジアの治療にはアジスロマイシンと呼ばれる成分を含む抗生物質ジスロマックを服用します。喉のクラミジア、性器のクラミジアいずれに対しても同様です。アジスロマイシンとして1回1000mgを服用するだけで完治します。

受診するのはどこ?

クラミジアを治療するには、病院に行って医師の診断を受ける必要があります。診療科目としては、泌尿器科、産婦人科、性病科などが良いでしょう。男性なら泌尿器科、女性なら産婦人科が適しています。性病は一般的に専門の医師でなければ正しい判断ができないので注意しましょう。検査だけを受けたいという場合には、たとえば匿名で受けられる検査のキットが販売されています。信頼性は医療機関と同等ですから、ここで陽性反応が出たら素直に病院に行きましょう。また、ネットではクラミジアの治療が可能な市販薬が販売されています。

これは海外の治療薬を個人輸入するものです。正規品も販売されていますが、悪質な業者もたくさん存在しているので注意しましょう。確実性という点では、まず検査キットで検査して、陽性反応が出たら専門のクリニックや病院に行くことが良いでしょう。自覚症状が薄い病気ですが、素人が下手に判断して知識もなく薬を使うのは危険です。