クラミジア菌のついた手で触るなどの行為で目に感染する

ウイルス性結膜炎と似ている

結膜炎は目の中や周囲に症状が出る眼病で、主にアレルギー性とウイルス性の2種類があります。アレルギー性結膜炎の代表が花粉症です。ハウスダストやダニなどが原因で目にかゆみが出ます。ウイルス性の結膜炎には、「はやり目」と言われるものが代表的で、目ヤミや充血などの症状が出ます。プールの水から感染するプール熱でも結膜炎になることがあります。一方、クラミジア結膜炎は、性病であるクラミジアの細菌が目に入って感染します。一見するとウイルス性の結膜炎と違いが分からないので見過ごしてしまうことがあり、大変に危険です。感染する事例は非常に少ないですが、注意が必要です。ウイルス性結膜炎と同様に目ヤニが出始めて、まぶたが腫れてきます。また、結膜に小さなブツブツができて、放置していると大きくなって結膜から網膜へ細菌が侵入してきます。

どのようにして感染するのか

クラミジアは一般的に性病で、主に性器に感染するものですが、原因菌のクラミジア・トラコマティスは粘膜に住みつきます。粘膜から粘膜へと感染する性質があり、逆に粘膜を離れると非常に弱い細菌で、身体から離れたクラミジア・トラコマティスはすぐに死滅してしまうほどです。感染経路として考えられるのは、感染した部分に指などが触れて、細菌が手についた状態で目を触ってしまうことです。細菌が付着したタオルで目をぬぐっても感染する可能性があります。クラミジアの細菌は粘膜から離れるとすぐに死んでしまいますが、粘膜への感染力は高く、いったん粘膜に取り付くと増殖を開始します。目が充血したり、まぶたが腫れたりするだけでなく、結膜に膿の入ったオデキが現れるのが特徴です。進行すると角膜まで細菌が侵入して、視界を狭めます。角膜が傷ついてしまうと、視力障害を引き起こし、最悪では失明するリスクもあります。

治療は?

クラミジア結膜炎の治療は、抗菌剤を含む点眼薬を使用します。また軟膏や飲み薬も治療に使われます。クラミジア結膜炎は、一般のクラミジアよりも治療期間が長くなることが多いです。自覚症状がなくなっても、細菌が完全になくなるまでしっかりと治療を続けましょう。体内にクラミジアの細菌が残っていると、再発する危険性があります。クラミジアにかかった場合には、パートナーへの感染も懸念されますので、一緒に検査を受けるようにしましょう。パートナーに感染した状態を続けると、ピンポン感染でまた自分のところに帰ってきます。